理系おじさんの社会学
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共存共栄
フランス大統領の決戦投票、そして昨日は韓国大統領選挙があった。特にフランス大統領選挙では国民が明確に二分された様相を呈している。これは先のアメリカ大統領選挙でもそうである。当然ながら選出された大統領は、選挙後の「国民の一致団結」を訴えるが、そうした声が高くなるほど「対立が根強い」ことの裏返しと感じるのは普通のことであろう。

さて「共存共栄」という言葉がある。生物の世界では、「クマノミとイソギンチャク」とか「アリとアブラムシ」というのも有名である。また私は趣味でメダカを飼っているが、メダカだけでなくミナミヌマエビ、そして巻貝(タニシ)を共存共栄させている。また水槽には水草のマツモや浮き草のホテイアオイを浮かべている。もちろん水中に存在するバクテリアの存在も忘れてはならない。

もちろん個々の生物もカワイイが、この共存共栄させている世界が美しい! 時にはメダカの稚魚を親メダカが食してしまうこともあるが、ある程度の広さがあればそうした問題も発生しにくい。しかし、ここに大きな金魚などを入れたらたちまちエビは食われてしまう。 また急激な水温変化やPH変化があるとこれらの生き物は死滅することがある。 

要するに、「一方的な破壊者の存在」そして「急激な環境変化」が安定した社会を阻害していることは明らかである。エマニュエル・トッドの「グローバル疲れ」というのは、こうした本来存在した「共存共栄の社会」を打ち砕く結果であったと言えよう。一方で「時代の流れ」には逆らえず、変化を受入れることも確かに必要であろう。閉鎖された空間の継続は長期的に社会に弊害を与えることも事実である。いわゆる「腐敗の温床」に対する嫌悪感である。

そういえば「共存共栄」といえば松下幸之助がよく使用した言葉でもある。企業においても様々な役割分担があり、それぞれが共存共栄している・・・と考えることが一般的であった。そして企業は「利益の追求」だけでなく「社会的責任」があることが強調された。
それがいつのころからか、西欧やシナのような「奴隷社会」の文化をベースにした「労働者をこき使う」、あるいはルールや規格を厳格にして「厳しい管理」で会社を運営することが「是」とされてきた。

このルールや規格化というのも悪しきグローバリズムの側面である。統一規格というのは何となく聞こえは良いが、結局は本質的にはEU統合と何ら変わりない。そして共産主義思想とも大して変わらない。それはまるで水槽にメダカとヤゴを共存させて同じエサをやる・・・といった発想と同じである。

そしてやっかいなのは内部対立を煽る外部勢力があること・・・。第二次大戦の戦前戦中にはコミンテルンが世界各地で工作活動をしていたのは有名な話であるし、かつて日本もロシア革命の際に革命派を支援していたのもまた有名な話である。そして現在でもこうした工作活動は続いている。こうした工作活動は最初から彼らがシナリオを書いた「黒幕、陰謀論」とまでは言えないが、自然に発生した内部対立を上手く利用しているというところである。

そもそも欧州人やシナ朝鮮人に「共存共栄」という概念は極めて低い。かつての大日本帝国が「大東亜共栄圏」という構想もそうした文化の違いを無視した暴挙であり、EU統合の思想と大して変わらない。これはビジネス界においても同じである。「共存共栄」が可能なのは長い年月をかけて形成された社会である。・・・それはあるときは伝統として表れ、庶民の文化として花開く。

今グローバル疲れを癒すのは「共存共栄」の文化である。それは仲のよい友人をつくること、よき師を見つけること、よき伴侶を得ること。そして反対に、危険な人物に近づかないこと、危険な誘惑に近づかないこと、嫌な人物と関わらないこと。当然ながらそうした判断や行動には時間が掛かる。 しかし、そうした時間は絶対に必要である。 なぜなら「共存共栄」の社会を構築するには時間が掛かるからである。



スポンサーサイト

テーマ:最近のニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://komurosawa2014.blog.fc2.com/tb.php/653-266a7e29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

小室沢直樹

Author:小室沢直樹
「常に勉強」それがモットーの理系おじさんのブログです。理系おじさんの目から見た現代社会を鋭く論じたい。またこのブログに関する意見があれば賛否両論問わず受け付けます。基本的には現代社会を勉強して共有するのが目的です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

小室沢カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。