理系おじさんの社会学
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップ責任追求するバカな人たち
最近、バカバカしいニュースが多い。豊洲移転の問題や森友学園のニュースが代表的である。そこでいつも議論になるのは「トップの責任問題」である。森友学園に関しては、安倍首相という国政のトップに結び付けたがるし、豊洲問題は当時のトップであった石原元知事まで狩り出される。要するにトップという有名人と結びつけて「話題性」に踊らされるマスコミ、そしてどうしても与党の支持率を下げたい野党の思惑がベースになっていることは間違いない。つまり韓国パククネ大統領の訴追問題と同じ非常に臭い匂いがするということである。だいたい「トップ責任」に拘る連中は半島の匂いがする。

そもそも民主主義のない独裁政権でもあるまいし、民主主義国家においてトップ責任を追求するということは、本質的な問題をうやむやにして終わらせようとする悪しき手法である。民衆の低俗な「うらみ」「ねたみ」「いかり」を煽り、個々の利益を優先する・・・社会悪といっても過言でない。私はこのブログで何度もコメントしているとおり「トップ」というのは全知全能の神ではない。各分野の専門知識はもちろんのこと、細かなことなど知るはずもないし、覚えてもいない。「記憶にない」という答弁を非難するバカ市民は多いが、じゃー5年前のあなたは○月×日の12時に誰とどんな話しましたか?と聞かれて明確に答えられる奴なんて誰もいない。

そんなことよりも豊洲はさっさと移転すべきである。地下水なんて東京湾の埋め立て地であれば基準値を越えるのが普通である。埋め立て地だけでなく一般の住宅地でも地下水調査すれば基準値を上回るデータは検出するものである。そもそも水の基準値とは「飲料水」にできるかどうかの厳しい基準である。そんな議論をすれば世界中の上水道はほとんど飲めない。でも洗い物したり、シャワー浴びたりすることはできる。・・・そういうレベルの話である。しかも豊洲で地下水を使用する計画はない。当然ながら水道水を使い。これって一般の東京都民の暮らしと何ら変わらない。・・・騒いでいる連中はバカである。

そもそも騒いでいる連中の目的は違う。トップやかつてのトップを引き摺り下ろしたい!それだけである。パククネの訴追と同じである。こういう議論は一般企業でも存在する。誰が承認したとか?だれが確認したとか? トップとか職制にこだわるバカが多い。形式上どこでも組織上の上下関係があり確認や承認行為があるが、承認者なんてのは細かなことまで確認しない。そしてその分野での専門家とは限らない。 重要なことは一般企業でも行政でも、どれだけ専門家が関わっているか、そして適切な検査や調査がなされているのか?ということである。 専門家もいない、そして適切な調査もない・・・そんな状況でトップが適切な判断や承認などできるはずもない。

私の想像であるが、「専門家の重要性」、そして「適切な調査の重要性」を認識していない人々が多いことに問題の本質があると考えている。こういう人たちは、あるときは理屈抜きに「トップの判断」に委ね、あるときは理屈抜きに「トップの責任」に擦り付ける。つまり個人としてのプロ意識に欠ける無責任であるといえる。まあ子供や学生、新入社員なら判らないでもないが、社会人を10年以上も続けてもこういう発想しかできない人々が多いのは悲しい事実である。 しかし、それでも日本はまだマシな方かもしれない。となりの韓国はあまりにも酷すぎる。 日本は韓国を反面教師としてもっと学ばなければならない。 そしてテレビマスコミはバカさかげんを楽しく観察することも必要であろう。

スポンサーサイト

テーマ:最近のニュース - ジャンル:ニュース

コメント

こんにちは。

何か問題が起こればすぐに組織のトップ、責任者に責任を追及する傾向がある日本、トップを吊るし上げにして騒ぎ立てるようなやり方は公平公正も客観性もないですが、豊洲問題については石原慎太郎元都知事にだけ一方的に押し付けてるけど、他にも豊洲移転に関わった人物がいるのに、なぜそっちは責任を追及しないのかは謎。石原氏については今の小池百合子都知事に責任を押し付けているところはあるが、これはどう見ても「都合の悪いことは誰かのせいにする」と言う責任転嫁体質以外の何物でもないが、日本人は責任のとり方と言うのを全く履き違えているとしか思えませんね。

何かしらトップの判断って言うかトップの責任ばかりに固執する日本社会、世論の関心を惹きたくて面白おかしく取り上げるマスコミにも大きな責任は当然ある。公平公正や客観性をすすんで身につけてこなかったツケの成れの果てに映るが、即ち単純思考かつ善悪二元論的な価値観を良しとしてきた社会にも問題はあるでしょう。
[2017/03/22 15:44] URL | アジシオ次郎 #- [ 編集 ]


サヨクと呼ばれる人たちが首相を独裁者だと言って騒いだりしていますが、もしも首相が歴史に悪名を残し続けるような独裁者であれば、彼らは何も言わないと思います。むしろ、媚びを売ったり、率先して親衛隊なったりするかもしれません。

彼らは痛みを伴うことなく、一方的に誰かをぶちのめしたいんです。
弱い者いじめがしたいけど、それをあからさまにやるのは美味くない。だから、あの手この手で弱いものいじめではないような演出をする。
例えば、弱者の味方という魔法の剣と鎧を利用したり
例えば、弱りきったかつての強者に追い打ちをかけたり

時に彼らの行動も正しいといえることもあるかもしれないが、彼らは実のところそんな事何も考えていないか、考えているつもりでいるだけ。
国、人種、平和、平等、色々あるが彼らがヒーローになるための演出、舞台装置でしかない。

[2017/04/08 17:05] URL | 魚尾竿尾 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://komurosawa2014.blog.fc2.com/tb.php/648-7b44a244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

小室沢直樹

Author:小室沢直樹
「常に勉強」それがモットーの理系おじさんのブログです。理系おじさんの目から見た現代社会を鋭く論じたい。またこのブログに関する意見があれば賛否両論問わず受け付けます。基本的には現代社会を勉強して共有するのが目的です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

小室沢カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。