理系おじさんの社会学
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釜山の慰安婦像
韓国釜山での慰安婦像に関する日本政府の対抗措置?が話題になっている。「約束を守らない」とか「まるで振り込め詐欺」とか今更ながら騒いでいる日本の国会議員もいるようだ。しかし、まあ予想通りである。韓国とまともな約束できないことは何よりも歴史が証明している。それでも平和ボケの日本国民にもっと理解させるには判りやすい事例だったと言えるだろう。

一方で韓国側では日本の措置に対して「遺憾」だとか「日本は身勝手」とか?相変わらずバカ丸出しの報道がされている。韓国人は所謂「反日」に関しては「一部の韓国人」という表現をする。しかし韓国として「反日」は国是であり、国家の教育として徹底していること。そして国際法や国家間の条約や声明を国家として履行できない・・・というのが韓国である。従って一部の韓国人ではなく、国家として「反日」だと断言できる。

もちろん現政権のパククネが完全に国家を主導するパワーを失っていることも大きな要因である。しかし、それを無視してもこのような結果になることを容易に予測できた。韓国人はすぐにパククネのせい?などと個人攻撃するが、韓国という国家、および民族性の問題であることに気付いていないのだからタチが悪い。誰かのコメントにあったように「面倒な国」というのは正しい表現である。

さて日本としてはどうするべきか? 大使や領事の一時帰国では甘い。当然ながら国交断交が良い。約束が守れない国にとどうやって国交が維持できるのか? もちろん安全保障上の問題は存在している。北朝鮮問題やシナ共産党の問題・・・。日本の歴史では常に安全保障の問題がネックとなっていた。従って日韓関係をイヤでも重視してきた経緯がある。  

しかし喩えは悪いかもしれないが、韓国は「番犬」としては非常に弱く、「ペット」としても可愛くない!つまり「役立たず」ということである。そんな「役立たず」にこれ以上のエサをやる必要はない。それどころか生意気に飼い主に意味不明の理由で吠え続けるのである。今まで日本のために何か役に立った事はあるのだろうか? 

さらに強烈な表現をすれば、様々な病原菌(鳥インフル、口蹄疫、凶暴なスズメバチ・・・など)を家に持ち込んで来る。さらには家(日本)の中の仏像盗んだり、壊したり、更には神社を放火したり・・・様々な犯罪を繰り返す全くタチの悪いイキモノとしか言いようがない。あの「いきものがかり」でも世話できないだろう。かといって「放牧」することはできない。 ・・・普通なら保健所で処分されて園芸店で優良な「骨粉」として販売されるのがオチである。・・・そういうレベルの話である。

まあこのような話をしても韓国人には理解できないであろう。それでころか「差別だー」なんて叫ぶであろう。要するに日本と韓国は分かり合えない! したがって当面(1000年くらい?)は国交断絶するのが望ましい。それがお互いのためである。 このようなくだらない論争を無くすためにも一刻も早く日韓断交することが何よりも望ましい。


スポンサーサイト

コメント

おはようございます。

韓国がいかに約束を平然と破る国だってことは誰が見たって明らか、拉致被害者の調査をすると言って全然やらない北朝鮮もそうだが、朝鮮はウソつき矛盾だらけ人種もいいところです。

小室沢さんの仰るように、国交断絶と言う究極の選択を選ぶのもいいですね。大使や総領事を一時帰国させるだけに留まらず、日系企業撤退や在韓邦人の全員帰国、定期便ストップ、駐日韓国外交官の国外退去などの見返りでもしなければ甘いです。

いつまでも過去ばかり見て騒ぎまくっていい気になるような人種に未来を語る資格はないし、そんな人種とは関わればロクな目に遭わないです。
[2017/01/11 08:53] URL | アジシオ次郎 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://komurosawa2014.blog.fc2.com/tb.php/633-0c467cb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

小室沢直樹

Author:小室沢直樹
「常に勉強」それがモットーの理系おじさんのブログです。理系おじさんの目から見た現代社会を鋭く論じたい。またこのブログに関する意見があれば賛否両論問わず受け付けます。基本的には現代社会を勉強して共有するのが目的です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

小室沢カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。