理系おじさんの社会学
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌韓を永遠に!
ハワイ真珠湾訪問から帰国した稲田防衛大臣が靖国神社を参拝したとして話題になっている。相変わらず、靖国で世論を煽る日本のマスコミであるが、煽られているのはシナや韓国くらいである。日本でもどこかの党首が否定的な意見を述べているが、戦没者をかつての敵味方問わず慰霊することは今や世界の常識である。もちろん現代社会における大戦への評価として、欧米でもプロパガンダとして扱うこともある。しかし日本では「戦前を美化する」と否定的な発言する輩が存在する。アメリカにとってコロンブスは発見者であり、フランスにとってナポレオンが英雄であった。そして、その裏側に何があったか言うまでもない。

それでも政治的に和解することは可能である。こうした考えはスポーツに喩えると解りやすい。サッカーでは試合が終わるとノーサイド(敵味方がなくなる)という言葉を使う。もちろん試合中は闘志をむき出しにするが、試合終了すれば互いの健闘を称えあう。おそらく、こうした考えは西洋での騎士道、そして日本の武士道に通じるところが多々ある。あの柔道では「礼に始まり礼に終わる」・・・、こうした思想が日米欧の戦後処理にもよく見られる。もちろん「わだかまり」が一切なくなるとは思えない。それでも、いつまでも後を引きずっても政治的に意味がないことを知識人であれば気付くものである。時が流れ、特に世代が代われば尚更である。

しかし、こうした考えが全く理解できない民族が存在する。もちろんシナ人や韓国人である。先日のニュースでも韓国釜山の慰安婦像の問題がニュースになった。日本政府が10億円払おうが100億円払おうが永遠に和解できないのが韓国である。あのパククネも「1000年の恨み」をコメントしていた。つまり、このような国々や民族とは永遠に和解できないと断言できる。そもそも韓国とは戦争していない(戦後和解の対象ですらない)。まあ韓国はスポーツでもフェアな対応ができないことで有名である。それは国民性、文化そのものであろう。このような状況は1000年経っても変わらない。彼らがそうした文化を守るのは勝手だが国外に拡散されるとたまったものではない。鳥インフル、口蹄疫・・・と同様に日本に、または世界に拡散させるべきものではない。

このような国に同情する必要はない。カネや技術支援も行ってはいけない。韓国製品も買ってはいけない(不衛生である)。そして何よりも「約束」はできない。当然ながら国際関係は構築できない。今以上に嫌韓を日本国中に拡散させ、世界にも拡散させることが重要である。韓国の文化を貶めることが日本、そして世界の国益にかなう。「目には目、歯には歯を」である。決して同情してはいけない。 嫌韓を永遠に!そして日韓断交! 世界各地に「たかりババア」の像を建立し、永遠に彼らの悪しき民族性を忘れないようにする。これこそが世界平和の一歩である。  さようなら韓国! それが日本の国益である。







スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

こんにちは。

日韓合意を保護にする姿勢を露わにした韓国、これ以上韓国に関わればロクなことがないと言えますし、ここまで自分たちの利益と尊厳が脅かされて厳しい態度に取れないようではかえってナメられるだけです。アメリカがロシアに対して行った報復措置に出るとか、そう言うことを日本政府及び外務省は考えないのでしょうか? 韓国は自分たちの利益の為なら平然と約束を破る国であり、被害者の立場を悪用して騒ぐヒステリック人種もいいところ。何百年とヒドいことをされた黒人ですら虐げられた歴史を根に持って騒がないのに、韓国人って何様なんでしょうか。

それと本年もお世話になりました。良いお年を。
[2016/12/31 16:18] URL | アジシオ次郎 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://komurosawa2014.blog.fc2.com/tb.php/631-c7cc6209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

小室沢直樹

Author:小室沢直樹
「常に勉強」それがモットーの理系おじさんのブログです。理系おじさんの目から見た現代社会を鋭く論じたい。またこのブログに関する意見があれば賛否両論問わず受け付けます。基本的には現代社会を勉強して共有するのが目的です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

小室沢カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。