理系おじさんの社会学
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌韓を永遠に!
ハワイ真珠湾訪問から帰国した稲田防衛大臣が靖国神社を参拝したとして話題になっている。相変わらず、靖国で世論を煽る日本のマスコミであるが、煽られているのはシナや韓国くらいである。日本でもどこかの党首が否定的な意見を述べているが、戦没者をかつての敵味方問わず慰霊することは今や世界の常識である。もちろん現代社会における大戦への評価として、欧米でもプロパガンダとして扱うこともある。しかし日本では「戦前を美化する」と否定的な発言する輩が存在する。アメリカにとってコロンブスは発見者であり、フランスにとってナポレオンが英雄であった。そして、その裏側に何があったか言うまでもない。

それでも政治的に和解することは可能である。こうした考えはスポーツに喩えると解りやすい。サッカーでは試合が終わるとノーサイド(敵味方がなくなる)という言葉を使う。もちろん試合中は闘志をむき出しにするが、試合終了すれば互いの健闘を称えあう。おそらく、こうした考えは西洋での騎士道、そして日本の武士道に通じるところが多々ある。あの柔道では「礼に始まり礼に終わる」・・・、こうした思想が日米欧の戦後処理にもよく見られる。もちろん「わだかまり」が一切なくなるとは思えない。それでも、いつまでも後を引きずっても政治的に意味がないことを知識人であれば気付くものである。時が流れ、特に世代が代われば尚更である。

しかし、こうした考えが全く理解できない民族が存在する。もちろんシナ人や韓国人である。先日のニュースでも韓国釜山の慰安婦像の問題がニュースになった。日本政府が10億円払おうが100億円払おうが永遠に和解できないのが韓国である。あのパククネも「1000年の恨み」をコメントしていた。つまり、このような国々や民族とは永遠に和解できないと断言できる。そもそも韓国とは戦争していない(戦後和解の対象ですらない)。まあ韓国はスポーツでもフェアな対応ができないことで有名である。それは国民性、文化そのものであろう。このような状況は1000年経っても変わらない。彼らがそうした文化を守るのは勝手だが国外に拡散されるとたまったものではない。鳥インフル、口蹄疫・・・と同様に日本に、または世界に拡散させるべきものではない。

このような国に同情する必要はない。カネや技術支援も行ってはいけない。韓国製品も買ってはいけない(不衛生である)。そして何よりも「約束」はできない。当然ながら国際関係は構築できない。今以上に嫌韓を日本国中に拡散させ、世界にも拡散させることが重要である。韓国の文化を貶めることが日本、そして世界の国益にかなう。「目には目、歯には歯を」である。決して同情してはいけない。 嫌韓を永遠に!そして日韓断交! 世界各地に「たかりババア」の像を建立し、永遠に彼らの悪しき民族性を忘れないようにする。これこそが世界平和の一歩である。  さようなら韓国! それが日本の国益である。








スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

もはや従来の歴史戦に意味はない!
オバマ大統領が広島訪問したのに続き、安倍首相がハワイ真珠湾を訪問した。そもそも非武装市民を大虐殺した広島長崎とアメリカ軍事拠点を先制攻撃した真珠湾と同列に扱うことに違和感を感じるが、これは日米両国民へのリップサービスの色彩が強い。特にオバマの地元であり、民主党勢力の強いハワイということに意味がある。・・・これは誰もが感じていることだろう。

早速、チャイナや韓国は警戒感をしめしている。これらの国々にとって所謂「歴史戦」は今でも重要であり、虚構である南京大虐殺を永遠にアピールし続ける・・・やはり言論の自由のない国は滑稽である。あの韓国も然りである。こうした国々は言論の自由がなく、インターネットも厳しい規制下に置かれている。こうした歴史戦を重視する国々は言論の自由が乏しい国々といっても過言でない。

国家というのはどの国も正当性がないと国民が一致団結しないというリスクは確かに存在する。それは自由の国を自称するアメリカだってそうだ。しかし多くのアメリカの歴史家が広島長崎への原爆投下は国際法違反であり、ネイティブアメリカンを虐殺した欧州移民は残酷であったことを認識している。それでも政治的にはアメリカに正当性がなければ他民族国家として纏まらない。それでも二大政党制であるアメリカは形式上の意見の対立は存在した。

しかし今回のトランプ氏の大統領当選は今までの二大政党の対立としうより、「ナショナリズムVSグローバリズム」、または「特権階級(Establishments)VS民主主義(Democrcy)」という構図もあった。そして重要なことは、そこに「歴史戦」とか「国家の正当性」というものはあまり存在しない。なぜなら、今更そういう議論をしても現実社会の発展には然程影響がないからである。韓国人が今だに慰安婦問題をアピールしたり、中国人が南京をアピールするのにアメリカ人はすでにウンザリしている。

それでも真珠湾攻撃を今だに「ジャップのだまし討ち」という表現をするアメリカ人も多い。そして、やっかいなことにそれに同調する日本人も結構多い。しかし、かつてアメリカはフィリピン攻略もベトナム戦争も事前の「宣戦布告」などしていない。それどころか植民地時代のほとんどの欧米列強はアジア・アフリカに宣戦布告などしたことはない。もちろん先制攻撃は国際法違反でもない。むしろ特筆すべきは欧米列強はアジア・アフリカの非武装民を大量虐殺していることである。

日本の歴史でも、例えば源平合戦の「一の谷」では崖の背後から攻撃したり、「壇ノ浦」ではこぎ手に矢を打つ・・・など「卑怯」といえば「卑怯」な戦いだった。また織田信長の桶狭間の合戦も「一の谷」を参考にしている。もちろん「宣戦布告」などない。徳川家康の「大阪の陣」でも家康のとったやりかたは「卑怯」だったかもしれない。それでも結果として「天下泰平」となったことは評価すべきである。また日本では一部の武将の民間人虐殺や豊臣秀吉の兵糧攻めなど非武装の民間人が犠牲になることもあったが、欧米やシナ朝鮮のそれに比べれば各段に少ない。

世界の歴史では、むしろ同情や偽善の方が結果的に社会が混乱することが多い。特に同情や偽善が招いた悲劇は日本や現在の欧州に顕著に見られる。だからこそ過去の戦争に対して現代人が謝罪コメントをすることは「愚の骨頂」であると言える。しかし私は先の大戦の意味は大きいと考えている。なぜなら、こうした歴史を考えると、日本は二度と戦争しないという「不戦の誓い」は歴代首相がコメントすることであるが、「アメリカも二度と日本と戦争しない」という気持ちを植えつけさせることも重要である。

もし「歴史戦」というのがあるとするならば、そうした「日本を二度と敵にしない」と思わせることである。従って、今までのように「どちらかが悪い」というような善悪二元論は通用しない。特にシナや韓国朝鮮は、自分より強い相手とは戦わないというのが常識である。アメリカだって最終的に「勝てる」考えていても、結果的にアメリカにも甚大な被害があると想定されれば戦争はしない。・・・というよりできない。それが本来の民主主義国家というものである。これからトランプ政権になれば、こうした考えは主流になる。

政治の世界では、ときに「卑怯」なことをすることもあるだろう。それでも国家国民の安寧につながれば良い。国際関係において、真面目な国とは「真面目な付き合い」をそして不真面目な国には「不真面目な付き合い」が良い。下手に同情したら負けである。ももちろんケンカする必要はない。真面目な付き合いできる国とは付き合う。そうでない国とは付き合わない・・・それが重要である。特にくだらない歴史戦を今だに続ける国家や人間は相手にしない方が良い。時間のムダである。


北朝鮮の資金源
北朝鮮のミサイル、核実験によって韓国をはじめ西側諸国が非難の声明を発表している。特に韓国にとっては死活問題である。そして弾道ミサイルの射程範囲である日本やアメリカもただ事ではない。

ところで、こうした北朝鮮の核やミサイル開発資金はどこから来るのであろうか? かつて日本の保守系勢力からは日本でのパチンコ産業の収益金が北朝鮮の核ミサイル開発に利用されているといった分析が多かった。もちろんパチンコ資金については北朝鮮の資金源であったことは間違いない。しかし最近のパチンコ業界の衰退ぶりは北朝鮮を潤す規模とはとても思えない。また麻薬密売や紙幣偽造でミサイル開発できるとも考えにくい。日本のヤクザだって経営難に陥っている・・・そういう世の中である。そこで最近では北朝鮮の最大の貿易国である中国の支援であるといった論調が多い。 西側諸国が「中国の協力が不可欠」という論調は政治的というより経済的な繋がりを指摘しているのは事実であろう。

しかし核開発やミサイル開発には数千億円掛かると云われている。北朝鮮はGDP推定が3-4兆円(茨城県のGDP程度)なので、そのGDPの10パーセント以上をミサイル開発に投じていることになる。そしてそれ以外の軍事費に数千億円で合わせて推定1兆円を超える予算があることになる。北朝鮮としてはとてつもない金額である。まあ、喩えるなら日本の種子島で鹿児島県の予算だけでロケットを打ち上げるようなものである。つまり必ず資金、資材部品、そして技術を提供している国が存在していると考えるのが普通である。 

以前、ネット報道によると英国人を介してバージン諸島のタックス・ヘイブンを北朝鮮が活用していたとのニュースもあった。おそらく、この見方は正しいであろう。租税回避を表向きにしてテロ支援や北朝鮮支援があると考えても納得ができる。特に中東の富裕層でテロリストの思想があれば(オサマ・ビンラディンもそうだった)、資金をタックスヘイブンへ移動して北朝鮮を援助してアメリカに対抗することを考えそうなものである。もちろん中国も北朝鮮を利用してアメリカに圧力を掛ける。このように様々なパターンが想定される。つまり北朝鮮の強い国防意識を国際的な反米勢力が利用しているとも考えられる。

そもそも朝鮮半島は資源が豊富な土地ではない。経済市場としても規模は非常に小さい。また技術開発力も乏しい。国際社会として、あるいはグローバル資本家としては半島のことには然程興味がない。むしろ半島(韓国も含め)の方が国際社会を必要としている。従って、そのような国を支援する「見返り」など西側先進諸国にとっては皆無である。つまり北朝鮮の資金源は通常のグローバル資本とは異なり、反米グローバルネットワーク(日本の一部勢力も含む)によると考えるべきである。

しかし、いずれもグローバル化の産物である。危険なグローバル化への危機感は移民政策に悩む欧州をはじめとして大きな国際問題になっている。 つまりグローバル化の抑制、あるいはナショナリズムの容認を今後も推し進めるトレンドとなるであろう。 そのためにはヒト、モノ、カネの国際的な移動を制限すること。 いわゆる先進諸国の一種のブロック経済ということになる。そうなると外需依存国、そして新興国には大きなダメージになる。北朝鮮の資金源を経つためにはすべてのグローバリズムを否定する必要がある。

テーマ:最近のニュース - ジャンル:ニュース

韓民族こそ歴史の加害者である。
あの石平さんの著書「韓民族こそ歴史の加害者」であるが話題になっている。従来から私も日本は大陸(特に朝鮮半島)に距離を置き関わらないことが重要と述べてきたが、そのことを過去の歴史より明瞭に証明されているという印象である。

日本では100年以上前に福澤諭吉は「脱亜論」を主張したのにも関わらず大陸(特に半島)の揉め事に巻き込まれた事実を忘れてはならない。英国が脱欧へ向かうのと同様に日本は脱亜(特に朝鮮半島との関係見直し)を進めるべきである。

EUとは、例えばある町内会のルールでそれぞれの家は鍵をかけてはいけない!そしてそれぞれの家庭の冷蔵庫は自由勝手に分けても良い(・・・だってトモダチでしょー、みたいなシナ人、半島人のノリで)。さらに負担金は大きく、にも関わらず予算はすべて町内会が決める・・・そんなことが許されるだろうか? かつて日本の山村ではカギをかけない家も多かったが、それは平和な社会だからできることである。

英国は脱欧へと向かう。そもそも英国は孤高の帝国だった。日本も島国であり、長く独立した国家であった。日本は欧州の状況を「反面教師」として、アジアでの周辺諸国との関係を見直すべきだろう。


オバマ大統領の広島訪問
オバマ大統領の広島訪問が決定したことことが話題になっている。案の定、シナや韓国や「憂慮?」との報道がされている。これは一般の日本人を完全に敵にまわしていることに気付かないシナ人、韓国人は本当に愚かである。確かに日米ともに政治的な意図があることは完全には否定できない。しかし「過去の戦争」について、政治トップだけでなく国民全体が考え、そして未来に向けた行動をとるという思想は「謝罪や賠償」に固執する愚かな現代人を否定し、和解と協調を肯定する価値観を共有することにある。

アメリカという国、そしてアメリカ国民も様々な価値観があり、他国から見れば嫌な側面は多々ある。しかし国家として価値観を共有することは可能である。適度な距離感を持ちながらも協力することは必要なことであることは言うまでもない。もちろん現代のアメリカも原爆投下については様々な議論がある。特にある程度の知識人であれば「非戦闘員の虐殺」という事実が、法的および人道的にどのような意味があるのか?知っているはずである。

一方でシナ(自称:中華人民共和国)はG20に合わせて南京(虚構)に日米首脳を招待を計画?という、浅はかというか対抗心のみというバカげたニュースもある。やはり、どうしてもシナや韓国とは価値観を共有することは不可能であることは間違いない。おそらく今世紀に入り、シナや韓国のグローバルビジネス化に伴い国際社会の価値観は反中、嫌韓になっていることは間違いない。あの表向き親中の英国ですら首相や女王の反中発言(オフレコ)が流出して話題を呼んでいるようだ。

とにかく外野のヤジは無視してオバマ大統領の広島訪問を快く歓迎しすることが重要である。ただし、ここで気を付けなければいけないことがある。それは「日本の核武装」についてである。今話題のトランプ大統領候補は日本の核武装を容認している。もちろん私も日本の核武装を肯定している。この大統領訪問によって核不拡散を訴えることは極力避けるべきである。もちろん非武装なんてとんでもない。当時の広島市民は非武装で虐殺されたのである。むしろ日本の核武装への議論を高めるようなきっかけになるべきである。・・・とにかく今回の大統領の広島訪問の「その時」には、純粋にそして素直に犠牲者を慰霊する! それだけ十分である。



テーマ:最近のニュース - ジャンル:ニュース



プロフィール

小室沢直樹

Author:小室沢直樹
「常に勉強」それがモットーの理系おじさんのブログです。理系おじさんの目から見た現代社会を鋭く論じたい。またこのブログに関する意見があれば賛否両論問わず受け付けます。基本的には現代社会を勉強して共有するのが目的です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

小室沢カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。