理系おじさんの社会学
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

朝鮮半島有事
シリア問題に続き、朝鮮半島有事の可能性が高まっている。有事への備えというのは、どれだけ平和な時代でも考慮しなければならない。アメリカのトランプ大統領は政権発足直後より、内政としては様々な問題を抱えているが外交として「アメリカ第一」を掲げることと、そして「約束違反は許さない」という方針だけははっきりしている。また過去のアメリカの北朝鮮政策を批判している。つまり従来のような「アメとムチの政策や取引はしない」と明言しているようにも思える。

こうしたトランプ大統領(あるいはその支持者)の考え方は、シナ人や朝鮮人の思想(本質的には個人主義であり、約束を反故にする文化)と相反するものである。 何度もこのブログでコメントしたがシナ朝鮮人の国家意識は「みせかけ」であり、欧米人以上の個人主義である。そして「約束」に対して誠実さがない民族でもある。これは良い悪いということでなく、それが彼らの歴史であり、文化であることを理解する必要がある。

そうなると対立は避けられない。本音としてアメリカは韓国ソウルが火の海になろうが、日本にミサイル打ち込まれようが関係はない。アメリカファーストであれば、核搭載可能な弾道ミサイルがアメリカに到達することを阻止すること。これこそ最重要課題になる。これはかつての「イラクの大量破壊兵器保有の疑い」よりも十分な大義名分である。そしてアメリカは本気で韓国は守らない。一方でシナ(習 近平)は政敵である親北朝鮮派が没落すれば良い。朝鮮半島有事でも決して派兵することなく黙殺する。

そして最も問題なのが韓国朝鮮人である。彼らがそれぞれ大きな後ろ盾もなく大きな戦争をしかけるのは考えにくい。そして自らが強い敵に立ち向かうことは考えられない。従って半島で戦争になれば、意外にもあっさり終わるかもしれない。1950年代の朝鮮戦争ではシナ人民解放軍が介入したので長期化した。しかしシナが介入しなければ長期化しない。韓国朝鮮人は日本人やパレスチナ人のように徹底抗戦などしない。特に韓国軍はそうである。軍の士気は北朝鮮の方があるだろうが、戦況が劣勢になればすぐ変わる民族である。
 
このように考えると、アメリカが一気に北朝鮮を攻撃してあっさり終わらせることも可能かもしれない。制空権を確保し、ミサイル基地を攻撃する。当然、北朝鮮が反撃(といっても韓国や日本への攻撃)すれば、それを口実にピョンヤンや主要都市を攻撃する。しかし一気にアメリカが攻撃すれば、死傷者や難民も少なくできる。 あとは南北が分裂したままか?統合するかは半島人に委ねれば良い。 おそらく半島人の意志として結局は分断を望むと私は考えている。なぜなら、彼らには「国家意識」や「民族意識」が希薄であるからだ。一見して民族意識が高く見えるのは政策や教育のせいであり、本質的には「個人主義」であり、「約束を守らない」のが文化であるからだ。

アメリカは半島は非核化すればよいだけで、政治体制がどうであろうが気にしていない。南北分断のままか?統一するか?民族同士の対立するかは勝手にしてくれ!という話である。今までのように半島の派閥抗争に諸外国が利用されたり、振り回されたりすることがないよう、日本も含め周辺国が考慮すべきことである。 やはり半島人の本質は諸外国を利用して派閥抗争に打ち勝ち、何か問題があれば諸外国に責任を転嫁する・・・その歴史の繰返しだった。 そういう歴史を知っていれば、叩くものは叩いて(非核化させる)、あとは知らない・・・それで良いのかもしれない。

このような判断であればアメリカは北朝鮮を攻撃する。しかし日本も被害を受ける可能性は十分ある。日本はそういう覚悟を持つ時である。

スポンサーサイト

テーマ:最近のニュース - ジャンル:ニュース

金正男について
金正男が殺害されて様々な報道がされている。最近の私個人の感想としては「普段はいいかげんなマレーシア警察が珍しくマジメな対応しているなあ!」という印象だ。おそらく周りがかなり騒いでいるので仕方なくそうしているように見える。マレーシアの内心としては「めんどーなことになった」というところであろう。マレーシアに限らず東南アジアの警察って結構レベルが低いのは常識なのである。

一方で日本の各マスメディアは金正男を「愛くるしい」とか「かわいそう」とか同情する論調も多い。また報道では北朝鮮が国家ぐるみでの犯罪であり、金正男は被害者という論調が主流である。もちろん様々な憶測も混じって真実が今ひとつ解らない情報も多いが、少なくとも金正男は偽造パスポートで世界中を不法入国した犯罪常習者である。以前、日本に家族をつれて不法入国したのを覚えている方も多いであろう。

彼はかつては金正日の保護を受けたり、チャンソンテクの保護を受けたり、シナ共産党の支援を受けるなど様々な保護のもとで生活していた。そして、それらの資金が枯渇すると不正なビジネスも行っていた疑いもある。まあシナ朝鮮人風に言えば「生きるためにはウソも不正も必要」ということであろう。もちろん「ウソや不正」からスタートしながらも最終的には質素にマジメに社会に溶け込む生き方をする人物も存在する。しかし、金正男はそうでなく常に「豊かさ」を求めて世界を徘徊していたのである。ここが大きなポイントである。

金正男は「政治には興味ない」と言いながらも、世界中の工作員やメディアと接触している。つまり本音として「興味がない」があったかもしれないが、「行動」としては政治的な行動をしていたのは間違いない。もちろんカネが目当てでもあったであろう。周りの人間は政治的に利用することしか考えない。そして正男は彼らの要望に応えてカネを得ていたと考えるのが適切だ。とにかく、こういう人物の発言にメディアも騙されていたと思った方が良い。とにかく「ウソ」と「不正」が必要?な人物にインタビューして、それを垂れ流すメディアのレベルの低さを感じる。まあ確かに世間の注目を浴びるかもしれない。・・・それだけの話である。

要するに「騙し騙され」、「恨み、恨まれ」・・・の世界に生きる人間の宿命ともいえる。そしてマスコミが面白おかしく報道する・・・そしてハゲタカ弁護士もエサを求めて徘徊し、政府は世論を気にして対応に苦慮する・・・いつものパターンである。最近では本件で冷え込んだ日韓関係が良くなることを期待する愚かな連中も存在するようだが、こんなくだらない案件で韓国と仲良くするという発想自体がすでに「騙されている」と言える。・・・そうシナ朝鮮に関することはすべて「騙されている」と思った方が良い。

もし、私の言う事もウソだと思うなら、シナ朝鮮人に直接聞いて見よう!「生きるためにウソは必要か?」・・・すると99%以上が「必要」と応える。それが彼らの文化なのである。従って金正男のインタビュー内容、北朝鮮のコメント、韓国のコメントも、そしてマスコミの論調も、先ずは「ウソ」だと思った方が良い。なぜならマスコミや弁護士は得するかもしれないが、一般国民は何のメリットもない。むしろウソにかき回される一般国民が一番損をするということを理解すべきである。

そして今回、改めて学んだこととして、危険な人物が自由に行き来できるような国にしてはならないということだ。マレーシアが舞台になってしまったことはマレーシアの自業自得である。日本やフランスの入国管理で引っかかったのに(それでも最初~数回はスルーしていた)何故マレーシアではスルーだったのか?それとも正男が北朝鮮のパスポートを持っていたのか? マレーシアの入管の杜撰さも感じる。

ちなみにマレーシアが自由な行き来を禁じているのは、あのイスラエルだけである。それは多くのムスリム国家がそうであるように。もちろん、それぞれの国が入国管理について独自の判断をすることは理解できる。しかし、世界中の入国管理システムの精度が向上したといっても、まだまだ限界の部分はある。トランプが行っているような一時的でも指定国家からの入国管理を厳しくすべきであろう。そして「ウソ」がまかり通らない社会を構築することが、あらゆる面での発展に寄与すると考えるべきである。


テーマ:最近のニュース - ジャンル:ニュース

釜山の慰安婦像
韓国釜山での慰安婦像に関する日本政府の対抗措置?が話題になっている。「約束を守らない」とか「まるで振り込め詐欺」とか今更ながら騒いでいる日本の国会議員もいるようだ。しかし、まあ予想通りである。韓国とまともな約束できないことは何よりも歴史が証明している。それでも平和ボケの日本国民にもっと理解させるには判りやすい事例だったと言えるだろう。

一方で韓国側では日本の措置に対して「遺憾」だとか「日本は身勝手」とか?相変わらずバカ丸出しの報道がされている。韓国人は所謂「反日」に関しては「一部の韓国人」という表現をする。しかし韓国として「反日」は国是であり、国家の教育として徹底していること。そして国際法や国家間の条約や声明を国家として履行できない・・・というのが韓国である。従って一部の韓国人ではなく、国家として「反日」だと断言できる。

もちろん現政権のパククネが完全に国家を主導するパワーを失っていることも大きな要因である。しかし、それを無視してもこのような結果になることを容易に予測できた。韓国人はすぐにパククネのせい?などと個人攻撃するが、韓国という国家、および民族性の問題であることに気付いていないのだからタチが悪い。誰かのコメントにあったように「面倒な国」というのは正しい表現である。

さて日本としてはどうするべきか? 大使や領事の一時帰国では甘い。当然ながら国交断交が良い。約束が守れない国にとどうやって国交が維持できるのか? もちろん安全保障上の問題は存在している。北朝鮮問題やシナ共産党の問題・・・。日本の歴史では常に安全保障の問題がネックとなっていた。従って日韓関係をイヤでも重視してきた経緯がある。  

しかし喩えは悪いかもしれないが、韓国は「番犬」としては非常に弱く、「ペット」としても可愛くない!つまり「役立たず」ということである。そんな「役立たず」にこれ以上のエサをやる必要はない。それどころか生意気に飼い主に意味不明の理由で吠え続けるのである。今まで日本のために何か役に立った事はあるのだろうか? 

さらに強烈な表現をすれば、様々な病原菌(鳥インフル、口蹄疫、凶暴なスズメバチ・・・など)を家に持ち込んで来る。さらには家(日本)の中の仏像盗んだり、壊したり、更には神社を放火したり・・・様々な犯罪を繰り返す全くタチの悪いイキモノとしか言いようがない。あの「いきものがかり」でも世話できないだろう。かといって「放牧」することはできない。 ・・・普通なら保健所で処分されて園芸店で優良な「骨粉」として販売されるのがオチである。・・・そういうレベルの話である。

まあこのような話をしても韓国人には理解できないであろう。それでころか「差別だー」なんて叫ぶであろう。要するに日本と韓国は分かり合えない! したがって当面(1000年くらい?)は国交断絶するのが望ましい。それがお互いのためである。 このようなくだらない論争を無くすためにも一刻も早く日韓断交することが何よりも望ましい。



慰安婦問題を終わらせたくない韓国人
中身の是非はどうであれ日韓が合意し「不可逆的」という文言まで加わってても、やはり韓国は約束を守らない。日本大使館前の像の撤去も行わない。安倍首相に謝罪の手紙を要求する・・・。本来ならば、意見の相違があっても国民をまとめるのが韓国政府の仕事であるのに関わらずそれもできない。こういうことは歴史上何度もあった。おそらく朝鮮半島の遺伝子の影響であろう。

韓国という国とは断交するのが日本にとっては最大の国益であることは今更言うまでもない。約束を守らない国とはお付き合いできない・・・極めて当然のことである。すでにあの在特会だけでな多くの一般日本国民にも嫌韓は深く浸透している。どれだけテレビマスコミが嘘をついてもインターネットの時代である。もう日韓友好など死語であり、日本にとっては時間の無駄である。


日本は韓国を助けない
北朝鮮の核やミサイル実験に関して韓国は今更ながら日本との強調する論調が増えている。日本の保守系からは「ご都合主義」「身勝手」「ムシが良すぎる」と思われても仕方がないだろう。結論からいうと「日本は韓国を助けない」。日本の集団的自衛権は、「国家存亡の危機」の場合のみであり、国会答弁でも安倍首相は半島有事の際に自衛隊が出動(援軍)することはないと明言している。一方で韓国でも日本の自衛隊派兵は韓国国会の承認がなければできない。いずれにせよ「できない」ということになる。

そもそも韓国は日本の敵国である。それは経済的にとか慰安婦像という次元の話ではなく、韓国では日本に向けたミサイル配備されているからである。今回、北朝鮮がTHAADの配備に激怒し、あのシナですら反発した。そして北朝鮮の核開発やミサイル実験に日米韓が反発する。これらは当然のことである。しかし何故か韓国に配備された日本へ向けたミサイル配備に日本のマスメディアは抗議しない・・・ホントに日本のマスメディアは狂っている。

従って北朝鮮が韓国を攻撃しても日本は韓国を助けない。ただし竹島だけは違う。竹島は日本の固有の領土である。北朝鮮が竹島を攻撃して陥落させれば、日本の自衛隊が出動して奪還させる。それは日本の財産を守るのは当然のことである。従って、日本は北朝鮮が韓国に不法占拠された竹島を攻撃させるように水面下で促すことが望ましい。そうでもしないと竹島は永遠に日本には戻らない。そしてアメリカも韓国を見捨てる。そうなると韓国は北朝鮮軍に敗退するだろう。そして北朝鮮との正式な国交のない日本は半島と完全に国交断絶することができる。そして竹島が日本に戻る。それが現在考えられる最高のシナリオである。




プロフィール

小室沢直樹

Author:小室沢直樹
「常に勉強」それがモットーの理系おじさんのブログです。理系おじさんの目から見た現代社会を鋭く論じたい。またこのブログに関する意見があれば賛否両論問わず受け付けます。基本的には現代社会を勉強して共有するのが目的です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

小室沢カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR