理系おじさんの社会学
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥーツ・シールマンス さんを偲んで
8月22日、ハーモニカ奏者で有名なトゥーツ・シールマンス(TOOTS THIELEMANS )さんが亡くなられた。彼は1922年生まれ94歳だった。今から10年くらい前だったか?私が大阪に住んでいた頃に来日されて「ブルーノート大阪」での演奏を見に行ったことをよく覚えている。当時、すでに80歳を超えていたと思うが全く衰えていないという印象だった。彼の演奏は本当に素晴らしく、ハーモニカだけでなくギターと口笛も有名である。ヒゲをはやしたやさしいオジサンという印象だった。(私が見に行ったときは残念ながら口笛は聴けなかったが・・・)

彼の名曲「Bluesette」をYouTubeで見ながら涙が浮かんできた。すいぶん久しぶりに聴くのにメロディーはすべて私の記憶に残っている・・・こういう好きなメロディーって決して忘れない。なぜだろう?彼の演奏は普通のジャズより心にしみる・・・。今の政治や経済など社会問題なんて頭から吹っ飛ぶような気がする。何度かこのブログでコメントしたが、ドビュッシーの名言「芸術は世の中で最も美しい嘘」だったかなあ?・・・私は人に騙されることを極端に嫌ってきたが、こうした音楽家の「美しい嘘」に何度騙されても構わない・・・と思っている。

いつか、こんなオジサンになりたいなあ! ジャズが苦手な人もきっと彼の演奏、そして彼の人柄が好きになることができると思う。94歳か!バイオリンのステファン・グラッペリさんが亡くなったときのことも思い出す。あの方もかなり高齢だった。そして、以前このブログでも紹介したピアノのマリアン・マクパートラントさん、歌手でピアノでブラッサム・デアリーさん・・・みなジャズとしては異色?と言われたが皆長生きだった。あのマイルスやコトルレ-ンと同世代だったが全然違った魅力があった。

・・・トゥーツ・シールマンスさんのお冥福ををお祈りいたします。


スポンサーサイト
アメリカ映画のバカバカしさがおもしろい
北朝鮮のキム・ジョンウンの暗殺を扱った映画「インタビュー」がクリスマスからアメリカ独立映画館300社で上映されるというニュースはあった。チケット前売りは絶好調とのこと。一時期、サイバー攻撃だか何だか知らないがソニー・ピクチャーズは上映を中止したが、それがアメリカ政府の判断?で「表現の自由」を貫いたということになっている。

まあ私も映画を見ていいないし、真相はよくわからない。噂によると相当な「くだらない映画」のようだ。大体、アメリカのコメディー映画は、そのバカバカしさが見る方にとってはおもしろいのであって政治的な意識はほとんどない。しかしプロパガンダが大好きな朝鮮人たちは、他国(他人)のプロパガンダ(のようなものも含む)に非常に敏感だ。それは北朝鮮人だけでなく韓国だってそうだ。

そもそも一般のアメリカ人やヨーロッパ人はアジアのことをよく知らない。さすがに中国と日本の違いは知っていても朝鮮半島のことはよく知らない。おそらく北朝鮮と韓国の違いをよく知らないのが現状だ。英語では単に"KOREA"と呼ぶことが多いことも理由だろう。何かのアメリカのインタビューで「"KOREA"で思い浮かべること」という質問回答では「ミサイル」「キムジョンイル」という回答がほとんどだったという。

そういうアメリカ人は政治的なプロパガンダではなく、単なる娯楽性に興味を持っているだけだ。過去の映画では「戦場にかける橋」とか「猿の惑星」とかでは、暗に日本人は悪役に見立てたわけだし、オードリー・ヘプバーンの「ティファニーで朝食を」などでも、ヘンな日本人が登場する。それでも日本人は「バカバカしい」と思っても、映画会社に抗議するようなことはなかった。

結局は、噂ばなしが好きな人は、他人の自分に対する噂ばなしが気になって仕方がないという話である。朝鮮人が騒げば騒ぐほど更に話題性を呼び、ますます朝鮮人のイメージが悪くなる。日本社会でのいわゆる「嫌韓」はすっかり世間で定着したように、アメリカ社会でも「おもしろいKOREA」というイメージが定着しつつあるのかもしれない。もうそれは娯楽の一種である。日本での「嫌韓」も政治色だけではなく「娯楽性」があるから広まったのは紛れもない事実だ。

やはり文化というものは「娯楽性」は必要だ。そこには誰かを小ばかにすることだってある。かつて江戸時代の文化として庶民は幕府の将軍を「公方:くぼう」といって心の中でバカにしていた。歌舞伎にしても、それは何気ない「エロ」や、何気ない「皮肉」が込められたものだ。それはプロパガンダというより、庶民の娯楽という色合いの方が濃い。それは笑いやエロや庶民が興味を抱くことで盛り上げながら、何気なく「皮肉」を込める・・・それが庶民の文化ってものだろう。

結局、朝鮮人たちのプロパガンダがなぜ広がらないか?大きな要因は「娯楽性」が低いからだ。いわゆる従軍慰安婦問題は「エロ」をイメージする人が多いから多少は世間の興味をひく。あるいはフェミニストにとっても飛びつきそうな話題だから話題性もある。しかし、そこには「娯楽性」は存在しないし、もちろん科学技術の恩恵や、便利さ、そして「楽しさ」は存在しない。そんな70年前の話がどうした・・・というのが庶民の本音であり「まあ人権は大事だよね」なんて言って仕方がなく耳を傾けているのが実態だ。

一方でなぜに日本の食文化がアニメが世界で人気になるか?それは美しいし、美味しいとかもあるが、「楽しさ」があるからだ。またアメリカ映画はなぜ人気があるか?それは「ヒーローが存在する」という解りやすいことも大きな理由だが、バカバカしさも含めた「楽しさ」があるからだ。もちろん映画に含まれたプロパガンダは存在するかもしれない。しかし、それを含めて「娯楽」として認識して、そのプロパガンダをバカにする・・・そうすれば更に映画もおもしろくなるだろう。


テーマ:最近のニュース - ジャンル:ニュース

ピンクフロイドの「原子心母」
1970年代、ロック・ミュージックの世界は大きく変貌しつつあった。、あのビートルズが解散して、ジョン・レノンは平和運動に没頭し、アメリカのボブ・ディランは反戦歌を歌っていた。日本でもその影響は大きく、フォークソングや反戦平和色の強い音楽が人気があった。またアメリカでは、派手な歌い方とパフォーマンスで、酒やドラッグに溺れたミュージシャンも多かった。サイケデリック音楽ともいわれた、ジャニス・ジョップリン、ジム・モリソン、ジミ・ヘンドリックス・・・皆早死にしている。

そんなご時世、英国では少し違ったロックのムーブメントがあった。それはプログレッシブ・ロックという世界。代表的なところで、キング・クリムゾン、エマーソン・レイク・&パーマー、イエス、・・・というバンドがあった。当時、クラシックの世界でも「前衛音楽:progressive music」が静かなブームとなり、ジャズの世界ではフリージャズというのも静かなブームとなった。プログレッシブロックは、これらの最新音楽の影響を受けるとともに、古いクラッシック音楽の要素も取り入れ、なにやら欧州人としてのアイデンティティを意識しているようにも思えた。

それは当時、反戦ソングが主流だった世界とは違った方向だった。音楽に限らず、文化というのは当時の世相を反映している。プログレッシブ・ロックが主流派になることは決してなかった。ていうか、そもそも商業主義を否定しているような音楽でもあった。現在でもビートルズの根強いファンがいると同時に、こうした70年代の音楽を好む若者も多い。私は基本的にクラシックとジャズが好きだが、そうした70年代当時の音楽を久々に聞いて感銘を受けることが多い。

私がお気に入りなのは「ピンク・フロイド」というバンドだ。このロックバンドの音楽は、キング・クリムゾンやエマーソン・レイク&パーマーなどと違い、技巧テクニックを駆使せずに淡々と彼らの世界を繰り広げるのが特徴だった。特に有名なアルバムは「Dark Side of the Moon」であるが、私は「Atom Heart Mother:原子心母」・・・(日本語訳がおもしろい)、これが好きである。白黒模様の牛(ホルスタイン?)のアルバムジャケットも有名だ。

おそらく、ピンクフロイドは多くの方々にとっては、クラッシク並に長い演奏に「眠くなる」、「訳わからん」、「気味が悪い」・・・というイメージをもつだろう。そこには当然ながら「反戦」とか「自由」とかいうメッセージは薄い。多少はあるかもしれないが全面には出さない。どちらかというと、私のブログでよく出てくる言葉がイメージできる。

カオス(エントロピー増大)→ 破壊 → 自生的秩序(自己組織化) → 発展

おそらく、ギタリストのデビット・ギルモアの「思想・哲学」が基軸になっていると思う。一方、中心メンバーだったベースのロジャー・ウォータースはこの曲を嫌っていたとも言われている。私はもともと、クラシックやジャズが好きであるが、こういう音楽を聴いているとクラシックやジャズには存在しない「陶酔感」も感じることができる。また、いつの時代も色あせない。電子楽器は使用しているがアナログの感覚が強い。私はプロの音楽評論家ではないが、もっと上手く表現される方も多いだろう。

私は物理学をこよなく愛する日本国民の一人であるが、音楽の魅力とは「音」の魅力だけでなく「時間」の感覚が存在することだ。その「時間」という要素を感じることは「物理学」と相通じるものがある。社会だってそうだ。時間軸という要素があって経済や社会が成立している。デビット・ギルモアはイギリスのケンブリッジに生まれている。父はケンブリッジ大学で動物学の講師だったとのこと。もしかしたら、彼は当時のケンブリッジの影響を色濃く持っているのかもしれない。



テーマ:音楽 - ジャンル:学問・文化・芸術

収穫記念日は「大切な時」
いよいよ秋の収穫の時期が来た。私の住む地域も稲刈りが盛んになった。ちょうど5月の連休(ゴールデンウィーク)に植えた作物が秋の9月の連休(シルバーウィーク?)に収穫の時期になる。私を含め多くの農作物に関わる人間にとっては「大切な時」だ。もちろん私にとっても「大切な時」だ。

かつて日本(本州)では、6月が田植えで10月が収穫だった。それが早場米や各種技術、そして温暖化?の影響で1カ月くらい早まった。中には8月後半には収穫している田んぼも存在する。台風の被害の多い地域では、台風が来る前に収穫しようという計画が多い。

さて宮中では新嘗祭というのがある。これは天皇がその年の収穫に感謝する大きな祭事である。政教分離の原則から「新嘗祭」としての国民の祭日にはならないが、現在の「勤労感謝の日:11月23日」として祭日にされている。

昔、あるいは一部の農家では、この新嘗祭の前に新米は口にしないという伝統がある。しかし11月23日まで待つ人なんてほとんど存在しない。収穫して2か月以上経って「新米」と称するのは違和感がある(一般的には新暦の年越しまでが新米といわれる)。

以前、11月23日を土日と合わせて連休にしようという政府の案が浮上した。そのとき、「たかじんのそこまでいって委員会」だったか、勝谷さんが「伝統行事の日付を勝手に変えるとはけしからん」という趣旨の発言をされたのを記憶している。

しかし私はこう考える。「そもそも11月23日という日に大した意味はない」ということ。大切なことは、収穫に対する自然への「感謝の気持ち」を神に捧げる・・・という解釈を私はしている。おそらく多くの日本の農業従事者はそのように考えているのではないだろうか?

それぞれの「大切な日」がある。どうせ「新嘗祭」するなら私は9月の連休に合わせたって何ら問題ないと思っている。それどころか、日本の多くの農業従事者とともに「日本の自然に感謝する」という一体感が持てると思う。11月23日はそのまま「勤労感謝の日」として残せばよい・・・というのが私の考えだ。

一般的に、「正月」「お盆」「入学式」「卒業式」「運動会」「ピアノの発表会」・・・こういう行事は特別な「大切な日」と表現されることが多い。しかし私はそういう日は「新嘗祭:11月23日」と同様にあまり特別な日という感覚はない。特にピアノの発表会なんかよりも、普段の練習や普段の趣味としての演奏の方が重要だと思っている。

シンガーソングライターであり、今や大御所(失礼)の竹内まりやさんの「毎日がスペシャル」という歌が好きだ。彼女は毎日の日々の生活が大切だといっている。あのイチロー選手や有名なギタリストも「日々の積み重ね」が大切って言っている。私も全く同感だ。日付や形式だけに拘るのが滑稽に思える。

農作物も同じだ。ある日突然野菜は実らない。雨風たえて半年かけて、じっくりと成長する。ある時は害虫がやってきて、それを人間が殺したり、鳥や獣の被害にあわないようにネットをはったりする。時にはシカやサルを銃殺することもある。

でも、そうやって色々なことを経て人間が収穫する。そしてそれを口にする。自然に対する感謝の気持ちが湧いてくる。「日々の積み重ね」が大切であるとともに「植物であろうが育った命を頂く」・・・これほど重要で「大切な時」はない。

私は趣味とはいえ農作業をやるようになって、つくづくそう思うようになった。

さあ、今日は我が家のサツマイモの試し掘りだ。ワクワクするとともに自然に感謝したい。


テーマ:博物学・自然・生き物 - ジャンル:学問・文化・芸術

芸術は最も美しい嘘
昨日、You Tube 好きの娘からおもしろい動画を紹介された。それは、有名なホラーや恐怖映画が「必殺仕事人」のテーマをBGMにすると全く異なるイメージになるというものだった。あのジェイソンも、貞子も、そして鮫のジョーズまでもが恐怖の対象ではなく、ヒーローに見えた。(興味ある方は是非視聴してください)

「必殺仕事人」は私が小学生から高校生にかけて民放テレビで放映されていた。当時は非常に人気の高い時代劇だった。私も、結構好きでよく観ていた。仕事人たちが、それぞれの得意の武器で悪人たちを殺していくシーンはとても奇抜でカッコ良かった。その殺す際に決まって流れるBGMがそれであった。

当時の出演者の何人かはすでに他界されていて、最近ではなぜか続編は出てこない。やはり、子供の教育上よくないと思われているのかなあ?よくよく考えてみれば「必殺仕事人」は江戸時代の庶民の恨みを晴らすためにカネで雇われた「殺し屋」集団の話である。BGMを変えれば彼らも非道な人間に写ることだろう。

また以前話題になった兵庫の野々村議員の号泣会見もBGMを色々変えて流すと全くイメージが異なる。そういう動画がYou Tubeにあった。そういうオモシロネタはほんとに尽きない。・・・しかし、まあこんあ動画作成をよく思いつくものだ。

私はこのブログにては何度か述べたが、あのフランスの作曲家ドビュッシーは「芸術は最も美しい嘘」という名言を残している。古い映画だが、オードリーヘップバーンの初期の映画である「ローマの休日」と「昼下がりの情事」は「美しい嘘」がテーマになっている。これらドビュッシーの曲やヘップバーンの映画は今見ても新鮮だ。

一方でかつてのナチスのゲッペルスは「嘘は100回言えば事実になる」と述べてプロパガンダの天才といわれた。その思想は現在でも一部の欧米人や中国、韓国人も持っている。・・・うーん、正直いって全然美しくない。やはり、政治や社会問題でミエミエの嘘をつかれても嫌気がさすだけだ。

しかし娯楽としての「嘘」は本当に楽しい。こういう嘘吐きの名人には最大限の敬意を表するべきだ。


テーマ:音楽 - ジャンル:学問・文化・芸術



プロフィール

小室沢直樹

Author:小室沢直樹
「常に勉強」それがモットーの理系おじさんのブログです。理系おじさんの目から見た現代社会を鋭く論じたい。またこのブログに関する意見があれば賛否両論問わず受け付けます。基本的には現代社会を勉強して共有するのが目的です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

小室沢カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。